So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

それではのんびり参りましょう! [今日の落書き]

おひさしぶりでございます。
3年ぶりの更新というのはもう新しく始めたてのようなものです。

こんにちは、「君のおっぱいは世界一」でお馴染みのハジナレフです。
また趣味とウサバラシ的に描いた絵を晒していこうと思います。

今回の絵はお掃除がテーマ。
感の鋭い方には「ああ、年末にアップするのが間に合わなかったのね」と一瞬でバレるお題ですね。

20151229.JPG


併せて思いつきで描いた4コマを載せてみます。
唐突で意味不明かと思いますが、お暇があれば見せ方等ツッコミやご意見をお聞かせいただければ幸いです。

chikunori_001_edited-1.jpg
では皆様、今年もよろしくお願いします。


花鳥風月

花鳥風月

  • アーティスト: スピッツ,草野正宗,白井良明,笹路正徳,棚谷祐一,土方隆行,クジヒロコ
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1999/03/25
  • メディア: CD



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

あけましておめでとうございます [考えをまとめる為の独り言]

2013.jpg

ようやく涼しくなったと思ったら一年以上が過ぎておりました。
皆様あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

蛇のイラストとしてはありがち…いや、もう古すぎるかもしれないネタかもしれません。
樽のギャグも単なる自己満足で、左腕もサイコガンにしようかと思いましたがマニア受けしかしない上に、漫画やアニメを嗜まない一般の方にさらに出しにくくなる年賀状になってしまうので却下されました。

ハートに刻まれたあの日は、ロマンと呼ぶには熱過ぎて〜と言ったところでしょうか。
めでたし、めでたし。



〈ANIMEX 1200シリーズ〉(16) スペースコブラ オリジナル・サウンドトラック

〈ANIMEX 1200シリーズ〉(16) スペースコブラ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2003/09/25
  • メディア: CD



nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:コミック

今年も暑かった、と言ってしまいたい [今日の落書き]

kise_a001.jpg

お久しぶりです、今晩は。
「暑いのもクーラーも苦手なので夏は逃げ場の無い男」でお馴染みのハジナレフです。

今年もヒドイめにあいましたね。
もうこの調子で秋の気配になって欲しい!

「こんなことは今まで無かった 僕があなたから離れていく~」という感じで。



…おいおい、とんだ「秋の気配」違いだよ!
しかもこれ素で何人わかるんだよ!

と、セルフツッコミしつつ今日はこの辺で。
めでたし、めでたし。
nice!(15)  コメント(5) 
共通テーマ:コミック

お手! [今日の落書き]

ニーエン:「お手!」
niro.jpg

ロウエ:「ワン!」
nirob.jpg
ニーエン:「ギャー!」


得意のセクハライラストでこんばんは、皆様いかがお過ごしでしょうか。

犬っていいですよね…私は断然イヌ派です。
皆様はどんな犬が好きですかね?

私は犬耳つけた巨乳の女の子が語尾に「ワン」をつけて会話するのが好きです。


Σ( ̄□ ̄lll) それ犬じゃねええ!

めでたし、めでたし。
nice!(13)  コメント(3) 
共通テーマ:コミック

Night shift [今日の落書き]

Night shift.jpg

今晩は、今年の夏も容赦ない暑さですね。

今日のイラストは夜通し作業したクラゾたちが、朝の早い喫茶店で朝食をとっているところ…

暑さにやられた頭でようやく描き上げたのはいいのですが、個人的にツッコミどころ満載です。
もうちょっと光源というものを考えながらやらないとイカンというのが主な反省点。
先を急ぐ前に初心を思い出す必要がありそうです。



一度初心に戻るためには一番影響を受けたであろう作品にまた触れることがなにより早いと考えます。
それはいつかはまとめて手元に置いておきたいと思っていたその作品…いつかっていつよ!

姉ちゃん、いつかって今さ!

ann.jpg

日本アニメーションの最高傑作、名作劇場シリーズを超えたい、それが私の目標…
フフフ、手始めにこれを見て泣きわめく予定であります!(わめくな!)

めでたし、めでたし。
nice!(16)  コメント(6) 
共通テーマ:コミック

寝そべる兄に腰掛ける妹に鉛筆回ししながら問いかける一秒前 [今日の落書き]

kn_001.jpg

クラゾ:「ひとつ聞いてもいいか」

ニーエン:「何であんちゃんのお尻に座ってあんちゃんのノートにいたずら書きし始めたかっていう質問以外ならいいよ」

クラゾ:「おい、ツッコミどころが増えたぞ」

夏も近い木陰での一幕でした。


めでたし、めでたし。


BGM:Saturday In The Park / Chicago




Chicago 5

Chicago 5

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rhino / Wea
  • 発売日: 2002/12/10
  • メディア: CD



nice!(18)  コメント(5) 
共通テーマ:コミック

waiting [今日の落書き]

kise_001.jpg

宮部みゆき先生の小説に夢中です。
一番ポピュラーであろう「模倣犯」を差し置いて先生のちょんまげ小説ばかり読み漁っております…
今晩は、加藤 剛です。


…ハイ、いつものように

「お前は原田泰三か!」

「忠相にあやまれ!」

「伊織先生の強さはまるで超医者K」

などのツッコミ、よろしくどうぞ(。・ω・。)ノ


さて、あんまり関係がありませんが水戸黄門の新シリーズ、“うっかり八兵衛”から“ちゃっかり八兵衛”にキャラクターが変わったそうですね(後にただの“八兵衛”になったようですが)。

そこで私も次なる“八兵衛”を考えてみた。


“あっさり八兵衛”
ドジもリアクションもあっさりしている。全体に薄味。

“ばっさり八兵衛”
物語の冒頭で必ず斬られる。番組の最後に「死ぬかと思った」といってまた旅を続ける。

“どっさり八兵衛”
一行に八兵衛がたくさんいる。全員が軽口をたたいてついてくるので、うるさい。

“ごっそり八兵衛”
黄門様がこらしめた悪人の財産を残らず頂戴する。根こそぎです(←カミソリか!)

“ゆったり八兵衛”
町人出ではなく公家らしい八兵衛。黄門様よりさきに助さん格さんに「こらしめてやるでおじゃる」などとフライングする。


うーん、どれもTBSでは使ってくれなさそうですなあ。



今回はイラストと関係のない話題に終始してしまいましたとさ。
めでたし、めでたし。






あかんべえ〈上〉 (新潮文庫)

あかんべえ〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 文庫




あかんべえ〈下〉 (新潮文庫)

あかんべえ〈下〉 (新潮文庫)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 文庫



nice!(16)  コメント(7) 
共通テーマ:コミック

仮面ライダーカブト [50音ラクガキ]

kabuto.jpg



変身…!
そう、それは日常から非日常への移行宣言であり、新たな自分の扉を開く合言葉ではないだろうか…

今晩は、「変身!」と叫んでウン十年、いまだ変身の兆しなし!でお馴染みのハジナレフです。


男という生き物は「理屈じゃねえんだバーロー」などと言っても、理由や理屈を追求するのが結構好きで、システマチックなものに魅力を感じるものです(決め付け)。

仮面ライダーカブトはフルスロットル(ベルトの3つのスイッチ)を押し、ゼクターホーン(ゼクターと呼ばれるカブトムシ型のコアの角がレバーになっている)を倒してライダーキックの準備を完了させる、いわゆる「先行入力型」。
そして敵が反撃するタイミングをこれまた先読みしてカウンターハイキック。
初めて見たときはあまりのカッコ良さに失禁するかと思いました( ^ー゚)b


今回のらくがきは上記の手順を実行しライダーキックを宣言しているところ…

反省点は、
「背景が手抜き」
「動きは知っている人しか分からない」
「同じ理由で知らない人には状況がつかみ辛い」

さらに大変申し訳ないことに、50音らくがきは特撮や実在の人物等は別の機会にと申し上げましたが、思いつかず「か」のつくキャラクターとして描きました。
以前こちらのいいかげんなリクエストに書き込んでいただいた皆様には重ねて失礼しました。


蛇足:過去の記事を再度見ていただけるようにしました。
お暇なときに見ていただけたら幸いです。




NEXT LEVEL

NEXT LEVEL

  • アーティスト: YU-KI[TRF],藤林聖子,ハイ島邦明,渡部チェル,TVサントラ
  • 出版社/メーカー: エイベックス・トラックス
  • 発売日: 2006/03/23
  • メディア: CD



nice!(17)  コメント(6) 
共通テーマ:コミック

Nautilus's dream [今日の落書き]

loue_001.jpg
(クリックで別ウィンドウ原寸大表示します)


大学時代、友人のアパートに押しかけて6人で飲んでいたとき、

「TOTO が俺らの青春歌になるのかな」

と一人がつぶやいた。
その時はそうかなあもっとほかにあるんじゃあないかなとぼんやり思った記憶があります。
そして今、スティーヴ・ルカサーの歌声に当時の様子が思い浮かぶ私がいるわけです。

うーん、まったく最近は感傷的でイカンですな。
松本伊代ふうに言えば「ハジナレフはまだ16だから」ということになります。

「ウソつけ!」
「センチメンタルジャーニーかよ!」

等のツッコミ…大好きでございます!(*´∀`*)ゞ


今回のテーマは「黄金比を取り入れる」でした。
早い話が5:8 の比率にしたファイルを開けて描いたわけです。

結果は
・効果のほどが自分ではよく伺えない
・シャツを羽織ろうとする動きがイマイチ
・オマケで描いたオウムガイが思いのほかよかった(配置は微妙)

ということでしたとさ。
めでたし、めでたし。






Seventh One

Seventh One

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sbme Special Mkts.
  • 発売日: 1988/02/22
  • メディア: CD



nice!(17)  コメント(7) 
共通テーマ:コミック

まどろみ [今日の落書き]

nien_001.jpg
(クリックで別ウィンドウ原寸大表示します)


飯食った後の授業、眠いですよね。
私が学生だったのは何百年も前ですが、
「教師の言葉はすべて眠りの呪文」でおなじみのハジナレフです。

私は大体裸を描いてから服を着せていく流れですが、なんとなく全裸のまま仕上げてしまいました。
往年の私の描く体より卑猥さは減ったものの、このままではやはりアレだし面白くなかったので、いろいろ加工しているうちにポップテイストな感じになってしまいましたとさ。

めでたし、めでたし。

続きを読む


nice!(14)  コメント(6) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。